ライフハック

【実証された】簡単に1日を2倍にする方法【運動リセット術】

しんり君

はぁ。1日がもっと長ければいいのに…

だんてろー

1日が長いと好きな時間が増えますからね。

しんり君

何かいい方法はありませんかね。

だんてろー

では、簡単に1日を2倍にする方法を紹介しましょう!

どうも、だんてろーです。

以前に誰でも簡単作業効率を4倍にする方法を紹介しました。

この記事で、脳のゴールデンタイムは朝起きてから2~3時間の間に作業すると効率が上がって、自由な時間が増えること説明しました。

しかし様々な研究によって、このゴールデンタイムを2回活用できることが明らかになりました。

なので今回はその方法について書いていきます。

【実証された】簡単に1日を2倍にする方法【運動リセット術】

【結論】運動をしよう

f:id:Dantelow:20200928171929p:plain

1日を2倍にする方法とは「運動をする」ことです。

運動を続けると、脳が刺激され、頭がよくなり、脳のニューロンネットワークが緻密でタイトなものに再構成されていきますので、頭の回転が速くなります。

なので、午後の疲れてきた時間に1時間以内の有酸素運動をすると、脳がものすごく爽やかな状態になります。

これは、朝起きたらときとほぼ一緒です。

つまり脳のゴールデンタイムを2回使えているので、結果として倍の仕事量をこなすことができます。

だんてろー

運動のやりすぎは集中力を下げてしまいます!

過剰な運動の後は、「身体の回復」が優先されてしまい、脳に十分なエネルギーを振り分ける余裕がなくなります。

なので、集中力が下がり、食欲がですぎたり、強い睡魔が襲ってきたりといった「疲労」の特徴が表れます。

例えば、よく「運動しても集中力がリセットされません」や「むしろ疲れてパフォーマンスがさがります」という人がいます。

これは「運動のやりすぎ」が原因です。

適切な運動時間は?

準備運動の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

適切な運動時間は人によって違いますが、平均30分~60分くらいだといわれています。

感覚で言うと「少し物足りないかも」くらいがちょうどいいです。

そうすると身体よりも脳の回復が優先され、集中力を上げることができます。

運動をするベストな時間

DM販促】いつ訴求すればいいのか? 訴求タイミング 3つの事例 – パラシュート株式会社|インフォメーション・デザイン・カンパニー

理想は夕方4時頃にするのがいいです。

なぜなら、夕方4時は1日で代謝が最も上がる時間帯なので、この時間の運動が、集中量を上げる+ダイエット効果も期待できるからです。

しかし、仕事をしている人にはなかなか難しいと思います。

なので、大事な仕事をする数時間前に運動するのが効果的です。

運動時間を確保する方法

やる気がでないフリーランスに読んでほしい!モチベーションを上げるための参考記事特集

運動は「やる」と決めて「やる」しかないです。

なので、まずは週に1回でもいいので運動する日を決めましょう。

そうしないといつまでたっても、運動しない、できない言い訳を考えてしまうからです。

だんてろー

自分が言い訳を考えないうちにさっさと行動に移すのが大事です!

時間がどんどん生まれる

運動をするだけで時間が増えるなんて不思議なことですが、集中時間術の理論(ゴールデンタイム)を知っていれば当然のことです。

きちんと運動をすると、脳のパフォーマンスがアップするので、だらだら仕事を続けるよりも、仕事効率は驚くほどアップします。

それは30分~60分の運動時間を差し引いても、プラスになります。

時間がどんどん増えるので、忙しい人には運動をする事は最適です。

それではまた