ライフハック

【実証された】絶対にやってはいけない朝の習慣とは

しんり君

朝は凄く作業効率がいいです!

だんてろー

睡眠によって記憶が整理されて、脳内がクリーンですからね。

しんり君

よーし!作業の合間に今日のニュースをテレビでチェックだ!

だんてろー

おっと!テレビを見るのはNGですよ!

どうも、だんてろーです。

前の記事で、朝起きてから2~3時間の間は脳のゴールデンタイムで、この時間は集中力が非常に高いということを話しました。

しかしこの脳のゴールデンタイムを台無しにする朝の習慣があります。

今回はその習慣について書いていきます。

【実証された】絶対にやってはいけない朝の習慣とは

結論、テレビを見る

朝起きた時の脳内の状態は「整理された机の上」のような状態です。

ゴールデンタイム中に「テレビを見る」という行為は、その整理された机に、たくさんの資料をぶちまけるようなものです。

整理された脳が、いきなり情報がぐちゃぐちゃの脳に変わってしまう。

その状態で高い集中力を維持することは、もはや不可能です。

なので「朝起きたら、まずテレビを見よう」という考え方は、変えないとヤバいです

朝起きた時に、まずやること

結論から言うと、難しい(集中力を使う)仕事をした方がいいです。

例えば、企画の考案や言語学習、ブログの更新など。

集中力を使う作業をすると、効率よく進みます。

集中力を使う作業については前の記事で詳しく書いていますので、知りたい方は下の記事をクリックするだけで、簡単に知ることができます。

脳のゴールデンタイムは延長できる

「延長戦 画像」の画像検索結果

脳のゴールデンタイムは、起床後の2~3時間であると何度も繰り返していましたが、実はその時間を4~5時間まで延長させることができます。

それは「非常に整理された脳の状態」を維持させることです。

つまり、雑念や雑事を完全に遮断し、いろいろな仕事に手をつけずに、1つの仕事に絞ってこなしていくのです。

そうすると、脳の作業スペースが乱雑になることがなくなり、「気がつくと昼の2時になってた」なんてこともよくあります。

整理された状態を保って、作業していきましょう。

ゴールデンタイムを大切に

「時間 画像」の画像検索結果

以上が絶対にやってはいけない朝の習慣でした。

朝、起床してすぐテレビを見るなどして、クリーンな脳内環境に情報をぶちまけたりしたら、脳のゴールデンタイムは一瞬で終了します。

脳のゴールデンタイムをより長く活かすためには、午前中は余計な情報入れず、あえて情報遮断しましょう。

まずは、自分が最も大切な「集中しなければいけない仕事」その一点に集中するべきです。

 すると作業効率が上がり、結果的に自分の自由な時間が増えます

それではまた