自分を変える心理学

頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目が覚める

しんり君

うわ~集中できない~!!

だんてろー

辛そうですね

しんり君

頭にモヤモヤがるみたいで集中できないんですよ~

だんてろー

なるほど。
では頭のゴミを捨てて、脳を一瞬で目覚めさせる方法
を紹介しましょう。

しんり君

そんなのあるんですかー!
ぜひ教えてくださいー!

頭がモヤモヤして勉強や仕事に集中できなくなることってありますよね。

モヤモヤしてしまう根本的な原因は「頭の中にゴミ」があるからです。

掃除機でもフィルターにゴミが詰まると、吸引力が落ちるのと同じです。

頭の中にゴミが詰まると整理がつかないし行動もできなくなるというわけです。

今回の記事を読めば、そんな頭の中にゴミを捨てることでスカッとした状態で行動できるようになります。

頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目が覚める

感情というゴミを捨てる

私たちは感情から強い影響を受けています。

例えば、勉強した方がいいなと思いつつ「めんどくさいな」という感情に流されて漫画やゲームを始めてしまったりします。

いろんな感情に左右されて行動している人はとても多いです。

感情に流されて生きると、ウダウダと悩んで結局なにも成し遂げられずに何年も過ぎ去ってしまいます。

逆に優れた経営者や科学者、成功者たちは感情に流されません。

決められたスケジュールやゴールに向かって、その日の気分や感情に流されずに遂行していきます。

なのでほしいものを手に入れることができます。

ゴールをもつ

ゴールをもつことが感情に流されない唯一の方法です

なぜなら、ゴールをもつことで視野が高くなって多少のことでは動じなくなるからです。

すぐに感情に流されてしまう人は本当に自分が叶えたいゴールが明確になっていません。

大事なのは、特別なスキルや人脈、運やお金なのではなく、
やるべきこと、成し遂げたいことを感情に流されずに実行することです。

他人に流されるな

ほとんどの人がみんな格好をつけて他の人から見てみっともなくない、もっともらしい噓のゴールを設定してしまいます。

例えば「東大に入りたい」とか「タワマンの最上階に住みたい」とかですね。

もちろん、それが本心ならいいですが、そのゴールは本当に自分が決めたゴールなのか自問する必要があります。

ゴールしたいと思っていないのに、マラソンで走り続けることはできないし、出世したいと思っていないのに仕事を頑張ることなんてできません。

なのでそれは本当に自分が達成したいゴールなのか考えるのが大事です。

過去の自分を捨てる

人とは今までの過去から「自分はこういう人間だ」とか「自分は大人しい性格だ」という自分のイメージ通りの行動をしてしまいます。

そうならない為にも、今まで過去のことを気にせずにより良い未来に向かって突き進むのが大事です。

今まで自分がどんだけダメで引きこもっていたとしても、これからの人生で成功者してしまえば、すべていい思い出に変わります。

であれば、私たちは過去に縛られるのではなく、未来をみて行動しなくてはいけません。

過去と今の自分が良いか悪いかは未来の自分次第です。

恐怖を捨てる

だいたい行動できない人は「怖い」という感情があります。

例えば、告白するのが怖いとか、初めてのことが怖いとかです。

そもそも、怖いという感情は出てくるのは死ぬ可能性があるからです。

しかし現在では死ぬ可能性があることは、そうそうありません。

つまり、恐怖は死ぬ可能性のないただの娯楽です。

恐怖を感じたら「ホラーゲーム」をやる前の感覚で立ち止まらずに、行動しましょう。

自分中心というゴミを捨てる

本当の幸せにとは「自分以外の人も一緒に幸せになること」です。

例えば、有益な情報を友達に紹介して喜んでもらうなど。

もっと言えば、料理を作ることが幸せなら、誰かに食べさせて喜ばせたいと考えればいいです。
スポーツが好きなら、観戦してくれる人を楽しませることだけ考えればいいです。

ついつい自分のゴールを決めるときに「俺がモテればいい」「俺が金持ちになればそれでいい」と自己中心的になりがちです。

自分だけが幸せで他人が不幸な状況って、銀行強盗とか窃盗とほとんど変わりません。

なので誰かを貶めるのもよくないし、誰かの悪口や批判をするのもよくないです。

必ず自分中心にならずに、他の人を喜ばせるにはどうすればいいのかまで考えて自分のゴールを設定しましょう。

自分だけではなく他人も幸せにすることこそが、人間の最高の幸せですから。

まとめ

まとめ

・感情に流されてはいけない
・感情を無視するには、明確なゴールをもつこと
・過去や今が良いか悪いかは未来で決まる
・恐怖はただの娯楽
・自分中心の考え方は低次元
・周りを喜ばせるのが本当の幸せ

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

他のブログでも皆様の生活に役立つようなテクニックを紹介しています。

よければ一緒にどうぞ