自分を変える心理学

【必見!!】人生が変わる朝の言葉6選【心理学】

しんり君

眠いな~

だんてろー

もう朝の10時ですよ。

しんり君

朝ってどう頑張っても眠いんですよね~

だんてろー

それはもったいないですね。
朝は人間が最も集中力を発揮できる時間なのに。

しんり君

それはそうですけど~

だんてろー

では今回は毎朝動きたくなる「人生が変わる朝の言葉6選」を紹介しましょう。

今回の記事を読めば、今日から自分の人生を変えるための行動を、名言を通して学ぶことができます。

【必見!!】人生が変わる朝の言葉6選【心理学】

朝を生かせば人生が変わる

朝を制する者が人生を制します。

なぜなら、朝の時間に活動すると様々なメリットを得ることができるからです。

まず朝日を浴びると日の光の刺激によって、心を穏やかにしてくれる脳内物質であるセロトニンが分泌されます。

すると免疫力が高まって病気にかかりにくくなり、元気に1日を迎えれます。

朝を気分よくスタートできると残りの時間も気分よく行動することができます。

なので朝を制する者が人生を制することができるのです。

早起きすると心に余裕が生まれる

早起きは人間の心まで変えてくれます。

理由は時間を有効に使えるようになって人生の目的が明確になるからです。

現にスティーブ・ジョブズなどの成功者は「大きな成果を残すには早起きするしかない」と断言しています。

ただ寝る時間、起きる時間を変えるだけで人は簡単に変わることができます。

毎朝目が覚めることが奇跡

そもそもの話ですが、毎朝キチンと目が覚めること、生きていることというのは物凄いことなんです。

毎日世界では10万人以上が亡くなっています。

そんな中、ちゃんと目が覚めて1日をスタートさせられるということは、まさに奇跡です。

しんり君

ちょっと無理やり過ぎませんか?

だんてろー

では「明日、目が覚めなければ1000億円あげます」と言われたらどうしますか?

しんり君

そんなの嫌すぎますよ!

だんてろー

そうですよね。
つまり朝目が覚めることは1000億円以上の価値があるといえますよね。

自分の身の回りのことで当たり前なんて何一つありません。

そんな気持ちで生きていけば、今よりもっと日々を大事に生きていくことができます。

毎日、小さな実験を続けてみる

貴重な人生は1日だって無駄にはできません。

「いつかやってみたい」と思っていることは今日、今この瞬間から始めましょう。

例えば、気になっていた資格の勉強をしてみる、新しい趣味を始めてみるなど。

実験に失敗はつきものなので、途中で挫折しても、失敗してもいいのです。

失敗したらまた新しい実験を始めればいいのです。

毎日新しい実験をすることで、もしかしたら一生続けられる趣味に出会えて、そこから大成功をする可能性だってあります。

日常の中で小さな実験を続けてみましょう。

そうすれば、いつか大きな成果が得られるかもしれません。

自分が得意なことをする

アメリカ元大統領であるセアドア・ルーズベルトはこう言い残しています。

「あなたのいる場所であなたにしかできないことをしなさい」

人間には誰しも得意なことと苦手なことがあります。

人と接することが得意な人もいれば、人と関わるよりも1人で淡々と何かを作り出すことが得意な人もいます。

なので、全部のことをできるようになる必要はありません。

今いる場所で自分が「好きだ」「得意だ」と思えることをすれば自然と上手くいくのです。

奇跡が起こらないのは飛び込まないから

奇跡を起こしたいなら未知の世界に飛び込むしかありません。

そこに何があるか考えてる暇はありません。

アメリカの詩人であるウィスタン・ヒュー・オーデンも「見る前に飛べ」という言葉を残しています。

人は何か新しいことを始めようと思っても、失敗からの不安から、つい現状維持を選んでしまいがちです。

しかし現状維持をしている間は何も起こりません。

変えるなら動くしかなにです。

奇跡は自分が起こすのではなく、飛び込んだ先の環境が奇跡を起こすのです。

まとめ

まとめ

・朝を生かせば人生が変わる
・早起きすると心にも余裕が生まれる
・毎日、目が覚めること自体が奇跡
・毎日、小さな実験を続けてみる
・自分が得意なことをする
・奇跡が起こらないのは飛び込まないから