ライフハック

【現役僧侶が教える】どんな悩みも簡単に消す方法

しんり君

ぬあー!

だんてろー

いきなりどうしたんですか?

しんり君

最近、悩みが多いんですよ~

しんり君

何かいい解決方法とかないですか?

だんてろー

わかりました。
では今回は「どんな悩みも簡単に消す方法」を紹介しましょう。

今回の記事を読めば、正しい心の使い方を身につけ、悩みから無縁の人間になることができます。

【現役僧侶が教える】どんな悩みも簡単に消す方法

苦しまない心の使い方を知る

悩まない人間になるには、正しいここるの使い方を身につける必要があります。

正しい心の使い方とは、感覚・感情・思考・意欲のどれかに不快な反応が生まれたときに、意識を別に切り替えることです。

簡単な例でいうと、イライラしたら散歩したりすることですね。

イライラという不快な「感情」を消すために、体を動かす「感覚」へ向けることで感情をリセットできるというわけです。

このように正しい心の使い方がわかれば、ストレスが溜まらず、気もちの切り替えが速くなって、悩みを抱え込まなくなります。

感覚に意識を集中させる

僕の記事を読んでくれる人の中には、頭のモヤモヤが消えないから、ずっと仕事のことを考えてしまうなどの経験をしたことがあると思います。

そういうときは「感覚」に意識を集中させて心の反応を一度ストップさせることが重要です。

感覚に集中することで感情や思考に心を使わない状態をつくることができます。

この感覚のことをマインドフルネス(瞑想)と呼びます。

マインドフルネスを実践することで「感覚」の方に意識が向いて、頭のモヤモヤを一度リセットさせることができます。

心の方向性を向ける

行きたい方向性が決まってないと、毎日いろんな角度から不安になってきます。

方向性とはたどり着きたい将来の自分です。

一例をあげるなら、自分の会社を立ち上げたいとか、幸せな家庭を築きたいとかです。

周りの情報に流されず、しっかり行動に移すことが大事です。

余計な情報には触れない

世の中は余計な情報で溢れかえっています。

例えば、芸能人が浮気したことや、政治家が脱税していたなどです。

自分にまったく関係のないニュースをみて、いちいち腹を立てるなんて、まったくもってナンセンスです。

自分の目指す方向にとって邪魔な情報には、なるべく近づかないように意識しましょう。

そうすることで、余計な不安や心配をすることがなくなり、自分が目指す方向に向かってどんどん進んでいくことができます。

まとめ

まとめ

・心は5つの種類に分けられる
・苦しまない心の使い方を知る
・感覚に意識を集中させる
・心の方向性を決める
・余計な情報には触れない