自分を変える心理学

【精神科医が教える】 運を良くするたった一つの正しい方法とは?

【精神科医が教える】 運を良くするたった一つの正しい方法とは?

運を良くするのは正しい考えと行動

運が良い人は、正しい考え方をして正しい行動をしています。

たとえば、魚釣りをしていて正しい釣り方で長時間まっていれば、魚は釣れます。

しかし正しい釣り方を知らないまま、間違えた方法で釣りをしていたら、いつまでたっても魚は釣れません。

自分の方法が間違っていることに気づかなかったら、横で正しい釣り方をしている人を見ると「運がいいな」と思うはずです。

つまり、正しい考え方で正しい行動をすれば自ずと運は良くなるということです。

自分の望みをハッキリさせる

運が良い人は自分のやりたいことがハッキリしています。

自分にとって何が大切で、何がしたいといのがハッキリしていると、望みを叶えるために行動することができるからです。

結局、運を良くするためには、まずは人生の目標や自分の望みをハッキリさせることが重要ということです。

運が悪い人の共通点

運が悪い人には大きく3パターンあります。

  • 自分の軸がない人
  • 考え方が正しくない人
  • 行動が正しくない人

繰り返しになりますが、自分の軸がない人は、自分にとって何が大切なのかわかっていないから行動がブレます。

たとえば、試験に合格したいと思いながらもギリギリまで遊んでしまって、一夜漬けしたりするなどですね。

本当に試験に合格したいなら、遊ぶのは合格した後でいいのにそれができない。

なので、ちゃんと自分のやりたいことを理解して、軸をつくるというのがとても重要です。

運が悪いと思う人は、軸をしっかり作ったうえで、考え方や行動が間違っていないかを確認するといいでしょう。

まとめ

まとめ

・運を良くするには正しい考えと行動
・自分の望みをハッキリさせる
・運が悪い人の共通点は行動がブレてる