自分を変える心理学

【心理学者が導き出した】結局すぐやる人が得をする理由とは

【心理学者が導き出した】結局すぐやる人が得をする理由とは

結局すぐやる人が得をする理由

すぐやる人は、大きなチャンスを掴むことができます。

なぜなら、ほとんどの人は完璧に準備してからやろうとするので、すぐやる人に美味しいところを持っていかれるからです。

多くのビジネス書でも「行動のスピードというのは成功するうえで、非常に大事な要素だ」と語られています。

つまりすぐに行動に移すことが得をする世の中なのです。

どうすればすぐに行動できるのか

すぐに行動に移すには、考える前にスタートするのが大事です。

仕事でもなんでも、一番時間がかかるのが前置きです。

前置きというのは、例えば作業にとりかかる前に、何か食べたり飲んだり、どうでもいい質問をすることです。

作業にとりかかる前に、どうでもいい質問や腹ごしらえをするのは、少しでも時間稼ぎをして仕事を先延ばしにしたいという心理が働いています。

この前置きを省くと、すぐに行動に移すことができ、仕事のスピードをUPさせることができます。

すぐやると疲れない

すぐに行動に移すメリットは、疲れにくくなるということです。

なぜなら、作業を後に回そうとすると「あとでやらなくちゃ」という負担がずっと心にのしかかっているからです。

負担を抱えながら作業をしていると、今の作業にも集中できないので効率も悪くなり、スピードがどんどん遅くなります。

すぐに行動に移すと、負担を抱える必要がなくなるので、疲れにくくなるというわけです。

まとめ

まとめ

・結局、すぐやる人が得をする
・すぐに行動するには、考える前に手を動かす
・すぐやると疲れない