ライフハック

【陸上自衛隊幹部が教える】何もかも疲れたときに真っ先にすべきこと

【陸上自衛隊幹部が教える】何もかも疲れたときに真っ先にすべきこと

何もかも疲れたときに真っ先にすべきこと

何もかも疲れた時は、しっかり食べてしっかり寝ましょう。

お腹が減っていたり、寝不足だったりすると、他人にはキツく当たってしまうし、不安や悩みはどんどん膨らんでしまいます。

もし今この記事を読んでいる人で、少しでも人生が辛いと感じているなら、ご飯をしっかり食べて、よく寝ることを強くおススメします。

キツイときは人に頼る

メンタル的にキツイなと感じた時には、迷わず人に頼りましょう。

なぜなら、精神的に参っているときに1人で解決しようとしても、かえって状況を悪くしてしまうからです。

「相手に迷惑かも・・・」と考える必要なんてありません。

大なり小なり迷惑をかけながら、支えあいながら生きていくのが人間です。

なので、キツイときは1人で抱え込まず、勇気をもって誰かに相談して助けてもらう方が何倍も楽です。

自分を大切にする

「自分が休んだら周りのみんなが迷惑する」と考えて、申し訳なくなってなかなか休みが取れずらいかもしれません。

しかし無理をして働き続けて、もし自分が倒れてしまったら、周りの人にかかる負担は何倍、何十倍にもなってしまいます。

つまり、倒れる前に休むということは、長い目でみれば周りのメンバーの負担を減らすことにつながっていきます

周りを大切にしたいと思うなら、まずは自分を大切にしましょう。

まとめ

まとめ

・何もかも疲れたら、まずはしっかり食べてしっかり眠る
・キツいときは人に頼る
・自分を大切にする