自分を変える心理学

【精神科医が教えてくれた】『本当の自信』を手に入れる5つのステップ

【精神科医が教えてくれた】『本当の自信』を手に入れる5つのステップ

できるから生まれた自信は持たない

できるから生まれた自信は、すぐに捨ててしまいましょう。

「自分は自信がある」と思っている人の多くは「できる」という成果によって自信をつけてしまっています。

しかし成果による自信は状況しだいで簡単に折れてしまいます。

例えば「周りの友達より良い大学を卒業している」「外見が良くてモテる」などです。

できるから生まれた自信は、本当の自信とは言えないので、すぐに捨てることをおススメします。

本当の自信は折れない

本当の自信とは、自分のあり方を大切にしている人といえます。

自分が行った行動に対して、結果を気にしないという点です。

例えば、結果を気にして行動すると、もし悪い結果になったときに落ち込んだりしてしまいます。

しかし自分の行動した過程、つまりあり方に意識を向けてあげることで本当の自信を身につけることができます。

自信のなさと不安を一緒にしない

自分に自信を持てない人は「不安」と「自信のなさ」をごちゃごちゃにしています。

例えば、転職をしようとすると誰だって不安になるのに、自信がない人は「転職する自信がない」と落ち込んでしまいます。

なので「自信がない」と思ったときは「不安」という正確な表現に言い換えるクセをつけておくといいです。

自信を持ちたいなら今に集中する

最強の自信を持つには今に集中する必要があります。

なぜなら、今に集中できているときが一番自分の能力が発揮できているからです。

今に集中する方法は簡単で、「今この瞬間を大事にしたい」という気持ちでいるだけでOKです。

完璧に集中する必要はないので、今からでも試しにやってみると本当の自信を身につけることができます。

完璧主義は捨てる

完璧主義は自信をつけたいのであればすぐに捨てるべきです。

そもそも完璧なんてあり得ないものです。

完璧を目指そうとすると、ミスをしたとき「自分は本当のできない奴だな」と自信を失ってしまいます。

完璧主義を捨てると自然と今に集中できるので、最高の自信を身につけることができます。

まとめ

まとめ

・できるから生まれた自信は脆い
・本当の自信は折れない
・自信の無さと不安を一緒にしない
・自身を持ちたいなら「今」に集中する
・完璧主義は捨てる