ライフハック

【知るだけで差がつく】読んだらすぐ勉強したくなる究極の勉強法

【知るだけで差がつく】読んだらすぐ勉強したくなる究極の勉強法

勉強時間を管理する

きちんと時間の管理をすることで、より集中して勉強に取り組めるようになります。

例えば「9時~10時まではTOEICの勉強をする」「13時~15時までは資格の勉強をする」など。

できるだけ詳しく勉強時間を決めておくことで、ついスマホをいじったりなのど無駄な時間を省くことができます。

丁寧に時間管理をすることで、勉強の効率をグッと上げることができます。

背筋を伸ばして座る

韓国の予備校の話では、背筋を伸ばして座るだけで生徒の成績が上がりることがわかっています。

反対に背中が曲がっていたり、足を組んだりしている生徒は成績が伸びにくいこともわかっています。

理由は、姿勢が悪いと血液中に疲労物質が分泌されやすいからです。

つまり、正しい座り方で勉強をすることで、最高に集中して勉強することができます。

ながら勉強をしない

人間の脳は2つのことを同時にやろうとすると脳が混乱して、勉強した内容が頭に入ってきません。

アメリカの研究によると、2つの作業を同時にすると効率が20%落ちて、3つ同時だと50%も低下してしまうことがわかっています。

複数を同時にする(マルチタスク)は、エネルギーの浪費にしかなりません。

なので、勉強するときは勉強だけに集中しましょう。

まとめ

まとめ

・勉強時間を管理する
・背筋を伸ばして座る
・ながら勉強をしない