自分を変える心理学

【成功者が教えてくれた】「すぐやる人」と「やれない人」の違い3選

【成功者が教えてくれた】「すぐやる人」と「やれない人」の違い3選

環境に気をつかう

行動できない人は、根性とか意志の力で無理やり動こうとします。

逆に、すぐに行動する人は環境に気をつかい、自然とやるしかない状況を作ります。

例えば、自宅でやる気が出ないときは、お金を払ってでもカフェに行き勉強するなど。

人・お金・場所を上手く設定してやるしかない環境に身を置くことで行動力が身に付きます。

つまり、すぐに行動できる人になるには、まず集中できる環境を作れるかどうかだと言えますね。

物が少ない

すぐに行動できない人は、持ち物が多い傾向があります。

逆にすぐできる人は、持ち物が少なくキッチリ整理されています。

なぜなら、人間は必要なものを取り出す時にすぐに出てこないと、めんどくさくなって行動するのをやめてしまいます。

なので部屋やバックの中などは必ずキレイにして、持ち歩くものも必要最低限にしておくことが重要です。

そうすることで頭の中もスッキリします。

完璧主義を捨てる

Facebookの創設者であるマークザッカーバーグさんは、こう言い残しています。

「完璧を目指すよりまず終わらせろ」 

一発で100点を取れる人なんてほとんどいません。

結果が出なかった場合、とりあえず行動した人は間違いを修正して完成度の高い作品を作ることができます。

つまり、最初は未完成でもいいので、とりあえず完成させることが大事というわけです。