ライフハック

【50歳からはこれしかやらない】1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方

【50歳からはこれしかやらない】1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方

出世競争からは早めに降りる

出世した人よりも、早めに出世から降りた人の方が、明らかに楽しい定年後を過ごしています。

なぜなら、出世する人は周りと勝ち負けを争い、常にストレスを感じて生活するからです。

一方で出世レースから降りてしまえば、割とストレス少なめで働けます。

出世しなくても食べるのに困ることはまずありません。

であれば、よりストレスフリーな環境で働いた方がいいですね。

幅広い知識を身に着けておく

大きな企業にいる人ほど、自分の専門分野だけではなく、色んな仕事ができるようになっておいた方がいいでしょう。

幅広い業務の知識やスキルを身に着けておくと、定年後に転職や起業をした際にとても役に立ちます。

他の部署で仲がいい同期なんかに仕事を教えてもらうなどして、少しずつ新しい知識を身につけていきましょう。

自分の居場所を作っておく

定年後の多くの人が実感するのが自分の居場所があることの大切さです。

今までは会社があったからよかったものの、それが失われると途端に居場所がなくなってしまう人が多いです。

家にいても邪魔者扱いされるから、だんだんと自分の気持ちも落ち込んでいってしまう。

なので今のうちからスポーツクラブやボランティアに参加したりして、自分の居場所を作っておきましょう。